シンプル

口 

の 

呪い?

いつどこ?

だれ?

兄 い

兄 い

呪いです。

忘れられません。
そのことばかりを考えるでしょう。

今回の展示では、普段見落とされがちな「呪い」を、
デザインの視点から解体を試みます。
「呪い」という概念が「物理的効力」や「身体性」へと
変化する空間装置を作り出します。

また、シンプル組合によってデザインされた
プロダクトの販売も行います。

9月17日(土)〜10月16日(日)
金土日祝 13:00 - 19:00

作家在廊: 10月15日(土)〜16日(日)

クロージング・パフォーマンス
「言葉とグラム」
10月16日17:00
入場料700円(中学生以下無料、申込不要)

ゲストに詩人・写真家の辺口芳典さんをお招きし、
展示空間全体を使い、言葉を無重力化する
ポエトリーセッションを開催します。

会場:パンタロン
大阪市北区中津3-17-14 → 地図
T.06 6377 0648
www.pantaloon.org

設計・施工:MATHIAS GEOFFROY

シンプル組合は2010年に発足した
門倉未来とティルマンによるデザインユニット。
ウェブディレクターの小須田英盛と共に
ベルリンと東京を中心に活動。
グラフィック・ウェブ・映像・空間・装丁・挿画・執筆などに携わり、
クライアント業種はファッション・音楽・
建築・医療・アート・文学・地域ビジネス・農業・環境など多岐にわたる。
雑誌「ポパイ」への寄稿、「ブレーン」での連載、
German Design Award 2017、2013年度グッドデザイン賞受賞など。
www.thesimplesociety.com